外壁塗装はいつ劣化するのか

住宅の外壁は、風雨や紫外線、排気ガスなどにいつも晒されていますよね。そのため、どんな技術や塗装材であっても経年劣化を避けるのは難しいんです。また、外壁が劣化することは見た目を損なうだけでなく、剥落や亀裂によって住宅としての機能が低下してしまいます。そうなると、建物の寿命自体が短くなってしまうんです。このような状態を放っておくと、修繕工事が必要になってしまう可能性もあります。そのため、時期を見極めて塗り替えをしましょう。

どんなサインがあれば、塗り替えが必要か

使用した塗料や湿度、方角などの状況、周りの環境によって外壁塗装のタイミングは変化しますが、前回の塗り替えから10年前後に塗り替えることが多いんです。しかし、10年経っていない場合でも、塗装した面にツヤがなくなっていたり、クラックが入っている、藻やコケが発生している場合は劣化が始まっています。壁に触ると白い粉が付着する場合も、劣化が進行していますよ。このような状態が続けば、劣化が進むため早めに塗り替えをしましょう。

外壁塗装の下準備について

外壁の塗り替えをした後、劣化が見られずに10年経過する場合は、建物診断をしてみましょう。10年経過する頃は、建物の状態を調べるのに良いタイミングです。そして、シーリングやコーキングといった下準備や何の塗装材を使用するかによって耐性が変わってくるので、塗装の前段階からしっかり行う業者を選ぶのが大事ですよ。外壁材に関する特性を知っている専門の業者からアドバイスをもらって、予算と性質に合わせて最適な塗り替えを検討すると安心です。

外壁塗装なら鎌ヶ谷でパーフェクトに施工してもらいましょう。見積から足場架設まですべて同じ業者でやってもらえます。