マンション購入は一定の頭金がある方がいい

マンションを購入する場合、いい物件を探すことになるでしょうが、先立つものがないとどんな物件も購入することができません。自己資金が潤沢にある場合は別ですが、一般的には住宅ローンを活用することが多いでしょう。全額貸してくれるというケースもありますが、頭金があればそれだけ後の返済が楽になります。返済できないと物件を取り上げられてしまうことになるため、一定以上の頭金を貯めてから購入するのが安全な購入方法といえるでしょう。

頭金の貯め方はいろいろある

頭金の貯め方はいろいろあります。毎月預金積み立てをするという方法が一般的でしょうが、住宅資金に使うことを前提に積立をすると有利になる商品もあります。例えば、勤務先に財形貯蓄制度がある場合には、住宅財形を活用するといいでしょう。これを使うことによって、積立期間中の運用益が非課税になるでしょう。また、住宅財形でなくても何らかの財形貯蓄を活用している場合、一定要件を満たせば積立資金の最大10倍の資金の住宅ローンを組むこともできます。

生活費の中から住宅積立に回すために

どんな有利な住宅の頭金を貯める商品であっても、一定額を積立していかない限りお金が貯まっていくことはありません。やはり王道は月々捻出する金額を多くすることです。生活を切り詰めすぎると本末転倒になってしまいますので、上手に資金を捻出することが大切になるでしょう。そのためには、毎月の支出の予算化が効果的だと言われています。予算を組んで、これだけは住宅資金に回せるはずというお金を、給料をもらったらすぐに積立に回してしまうと確実にお金が貯まっていくでしょう。

夢みる横浜と言われるほど進取の気鋭に富んだ街です。その一例として、横浜中華街は、中華料理師を目指す憧れの繁華街なのです。