敷金や礼金のことを知っておく

賃貸物件を借りる際、ほとんど必ずと言って良いほど敷金と礼金というものがかかってくるものです。中には敷金も礼金もタダという物件がないことはありませんが、基本的に支払うのが通常です。ところで、この敷金と礼金というものがどのような性質を持つお金なのかをご存知でしょうか。その実、意外と知らないままに慣例だからと支払ってしまう人もいますが、知っておくと意外な利益を得ることもないわけではないので、是非とも知っておきましょう。

敷金とはどんなお金のことか

まず敷金というのはどういうお金なのでしょうか。単刀直入に言えば、すなわち敷金とは担保金のことです。担保金とは、もし何かあった時のためにあらかじめ納めておくお金のことですよね。何かあった時というのは、たとえば何らかの事情があって家賃の支払いに滞りが出てしまったというような場合であり、そういったことが実際に起こった場合に、敷金から天引きされるという仕組みです。さらには退去時の修繕費用として利用されることもあるしっかりとした意味のあるお金なのです。

大家さんの懐に入るお金

一方、礼金というのははっきり言って意味のあるお金とはいいがたいところがあります。どういうことかというと、これは支払う側には特に何の恩恵もないということです。大家さんの懐にその全額が入るお金であり、要するに大家さんの臨時収入なのです。そのため、入居者集めに困っているような賃貸物件においては、ひとまず入居者を募るために臨時収入をあきらめて礼金をゼロ円にしている物件があるというわけです。礼金は昔からの慣習に過ぎず、その名残が今も残っているだけなのです。

函館市の賃貸マンションならローンの審査もないですし、一戸建てよりも簡単な手続きを行うだけで入居することができます。